棒の哀しみ (1994)

自分を″棒のように生き、棒のようにくたばる″ような男だと冷めた目で見つめる、ひとりのヤクザの生き様を描くドラマ。「噛む女」(88)以来6年ぶりとなる神代辰巳監督作品。北方謙三の同名小説を原作に、脚本は神代と伊藤秀裕の共同、撮影は林淳一郎が担当。R指定。94年度キネマ旬報日本映画ベストテン第4位、同読者選出日本映画ベストテン第9位。

監督:神代辰巳
出演:奥田瑛二、永島瑛子、高島礼子、哀川翔、白竜、平泉成、雨宮良、竹中直人、桃井かおり

棒の哀しみ (1994)のストーリー

大村組の若頭だが組長に疎んじられ、危険な仕事ばかり回されるやくざ、田中(奥田瑛二)。組のために8年も刑務所暮らしをしてきたというのに、組長の大村(平泉成)は彼に新しい組を作れと命令し、上納金だけ絞り取って、跡目は若い倉内(白竜)に継がせようとする。そんな折り大村は倒れ、言葉もろくに喋れない状態に。敵対する大川組も本家を挑発する。田中は情婦の一人、亜弓(高島礼子)のマンションで舎弟の杉本(哀川翔)と一計を案じ、倉内と大村を見返そうとする。シャブもルートを守るのを口実に抗争の応援を断った直後、組を裏切ろうとした若い梶田をわざと自分を刺すようにけしかけ、相手の鉄砲玉にやられたことにする。抗争の中心から巧みに逃れ、独自にシャブのルートも開発し稼ぎを大きくしていく。一方では飲み屋のツケの取り立てなどセコい仕事も続ける。レストランで働いていた洋子(春木みさよ)は、もう一人の情婦、芳江(永島瑛子)に預けシャブ漬けにさせた。やがて自分の役に立つ女になるだろうと。洋子の男が田中を狙い、刺す。そのナイフを腹に受けながらも男を殴り蹴り半殺しの目に合わせる。棒っきれのように生まれ棒っきれのようにくたばる人生。だが今、田中には運がある。大村が死に、壮大な葬式が行われた日。田中の乗るベンツを運転しているのは昨夜、田中を刺した男だ。田中がくわえたたばこの火を倉内がつける。田中は煙をくゆらせ、かすかに笑う。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 青春の蹉跌 (1974)

  2. アフリカの光 (1975)

  3. 櫛の火 (1975)

  4. 噛む女 (1988)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。